エコキュート

エコキュート

エコキュート

夜間電力で光熱費をもっと安く
「エコキュート」

夜間電力で光熱費をもっと安く「エコキュート」

電気代も安くランニングコストが経済的な給湯機器エコキュート。

経済的なのはいいんだけど、どれを選んでいいか分からないですよね?

地域密着型の堀閤電氣なら、お客様の生活に合った機種をご提案いたします。

エコキュートに関する質問や要望などを相談してから、商品を選定。

満足のいくエコキュートのご購入をお約束します!

エコキュートってなに?

エコキュートは再生可能エネルギーを活用した給湯機のことです。

エコキュートは、大気中の熱をヒートポンプ技術を活用し、電気エネルギーを使って大気熱エネルギーをくみ上げることで、エネルギーを生み出す電気温水器です。


必要なものは、貯湯ユニットとヒートポンプユニットの二つです。

貯湯ユニットは作ったお湯を貯めておくタンクのこと。

そして、エアコンの室外機に似た外観のヒートポンプユニットは、エコキュート独自のもので、屋外の空気から熱を集めて、その熱をお湯のわき上げに利用します。

わき上げには、電気エネルギーも必要になりますが、空気の熱を利用して効率よくお湯を沸かす「ヒートポンプ式」の為、少ない電気で高効率な運転が可能です。

エコキュートの仕組みは?

エコキュートは、下記のような仕組みでお湯を作ります。

①大気中の空気の熱をヒートポンプユニット内の熱交換器の冷媒が取り込みます。

②取り込まれた熱が、ヒートポンプ内の圧縮機にて高温になります。

③高温になった冷媒(CO₂)は、ヒートポンプ内の水側熱交換器で熱を水に伝えてお湯をつくります。

お湯を貯湯ユニットに貯めて、お風呂や台所、洗面などで使えるようにします。

④水側熱交換器で熱を奪われた冷媒(CO₂)は膨張弁に運ばれて、低温になります。

これらの工程を経て、貯湯タンク内の高温のお湯は、設定温度になるよう水を混ぜて、お風呂や台所、洗面などに給湯されます。

エコキュート メリットとデメリットは?

エコキュートを検討している場合は、事前にメリットとデメリットの両方を把握しておくことをおすすめします。

エコキュートを設置して良かったという声も多くあれば、購入する前の情報が少なく後悔するケースもあるようです。

エコキュートを導入する前にメリットとデメリットを把握して、ご自身の生活スタイルに合った最適な給湯機器を選びましょう。

エコキュートのメリット

メリット①

光熱費が安くなる

エコキュートの最大のメリットはお湯をつくるための光熱費が安くなることです。

お湯を作る時は電力を使用するので、ガス代もかからなくなります。
さらに、電気代が安い時間に動くので電気代も抑えられます。

お湯を使う量やお住まいの地域によっても変動はありますが、お湯を作るためのランニングコストは、ガス給湯器と比べて、なんと1/3から1/4程度にまで節約できます!

メリット②

環境にやさしい

再生が可能な大気中の熱を使ってお湯をつくるので、環境にやさしく、地球温暖化を防ぐという点でも環境へ配慮ができます。

また、エコキュートはHEMS(Home Energy Management System ホーム エネルギー マネジメント システム)に対応しています。

そのため、エネルギーの可視化によって、家庭で使うエネルギーを節約するための管理ができるようになります。

メリット③

非常時にタンク内のお湯が使える

エコキュートは、万が一の災害時に貯湯タンク内にお湯が貯まっていれば、断水の際にも備え付けの非常用水栓からお湯を取り出すことができます。

もしもの時も安心です。

メリット①
光熱費が安くなる

エコキュートの最大のメリットはお湯をつくるための光熱費が安くなることです。

お湯を作る時は電力を使用するので、ガス代もかからなくなります。

さらに、電気代が安い時間に動くので電気代も抑えられます。

お湯を使う量やお住まいの地域によっても変動はありますが、お湯を作るためのランニングコストは、ガス給湯器と比べて、なんと1/3から1/4程度にまで節約できます!

メリット②
環境にやさしい

再生が可能な大気中の熱を使ってお湯をつくるので、環境にやさしく、地球温暖化を防ぐという点でも環境へ配慮ができます。

また、エコキュートはHEMS(Home Energy Management System ホーム エネルギー マネジメント システム)に対応しています。

そのため、エネルギーの可視化によって、家庭で使うエネルギーを節約するための管理ができるようになります。

メリット③
非常時にお湯が使えるので安心

エコキュートは、万が一の災害時に貯湯タンク内にお湯が貯まっていれば、断水の際にも備え付けの非常用水栓からお湯を取り出すことができます。

もしもの時も安心です。

エコキュートのデメリット

これまでエコキュートのメリットを紹介しましたが、デメリットもいくつかあります。

他の給湯器と比較して高額なエコキュートを設置した後に、後悔しないようにデメリットもしっかりと確認しておきましょう。

デメリット①

設置する初期費用が高い

エコキュートはガス給湯器や石油給湯器と比較して初期費用がかなり高く掛かります。

そのため、費用面では、エコキュートを使用中のランニングコストと、設置のための初期費用の二つを含めた上で考えることも重要です。

デメリット②

設置スペースが必要

エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクで構成されていて、設置のためにはある程度のスペースが必要になります。

また、最初にエコキュートを設置した時は問題が無かったものの、お隣に家が建ったり、設置したエコキュートを交換する際の撤去費用が高額になってしまうこともあります。

そのため、設置後のことも考慮してエコキュートを設置する必要があります。

エコキュートを設置する場合は、余裕をもったスペースに設置することが重要です。

デメリット③

シャワーの水圧が弱い

ガス給湯器は直圧式の給湯器なので、水道の水圧に近い水圧のお湯を出せます。

しかし、エコキュートは貯湯式の機器のため、ガス給湯器と比較して水圧が弱くなります。

水道の圧力にもよりますが、一般的な水道水では500KPa程度の水圧があります。

一方で通常のエコキュートの場合は、貯湯タンク内の耐圧に耐えるために190KPa程度まで減圧されます。

高圧力タイプの場合でも290KPa~360KPa程度まで減圧されます。

このような特性上、ガス給湯器と比較するとエコキュートではシャワーの水圧が弱くなってしまいます。

デメリット①
設置する初期費用が高い

エコキュートはガス給湯器や石油給湯器と比較して初期費用がかなり高く掛かります。

そのため、費用面では、エコキュートを使用中のランニングコストと、設置のための初期費用の二つを含めた上で考えることも重要です。

デメリット②
設置スペースが必要

エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクで構成されていて、設置のためにはある程度のスペースが必要になります。

また、最初にエコキュートを設置した時は問題が無かったものの、お隣に家が建ったり、設置したエコキュートを交換する際の撤去費用が高額になってしまうこともあります。

そのため、設置後のことも考慮してエコキュートを設置する必要があります。

エコキュートを設置する場合は、余裕をもったスペースに設置することが重要です。

デメリット③
シャワーの水圧が弱い

ガス給湯器は直圧式の給湯器なので、水道の水圧に近い水圧のお湯を出せます。

しかし、エコキュートは貯湯式の機器のため、ガス給湯器と比較して水圧が弱くなります。

水道の圧力にもよりますが、一般的な水道水では500KPa程度の水圧があります。

一方で通常のエコキュートの場合は、貯湯タンク内の耐圧に耐えるために190KPa程度まで減圧されます。

高圧力タイプの場合でも290KPa~360KPa程度まで減圧されます。

このような特性上、ガス給湯器と比較するとエコキュートではシャワーの水圧が弱くなってしまいます。

エコキュートのご相談は堀閤電氣まで!

エコキュートのご相談は堀閤電氣まで!

お見積もり・ご相談は無料です!

お見積もり・ご相談は無料です!

快適で節約効果の高いエコキュートをご提供

堀閤電氣では長年にわたり、信頼性の高いエコキュートの設置・メンテナンスサービスを提供しています。

お客様のご希望や生活環境に合わせて最適な機種を選定し、専門のスタッフが迅速かつ丁寧に施工いたします。

お客様の暮らしと地球環境を大切にしながら、お客様お一人お一人に合ったプランをご提供いたします。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。